熊野林業について

公益財団法人熊野林業について

 近年、環境問題、とりわけCO2の吸収源として森林の大切さが クローズアップされてきています。
森林は、木材生産などを中心とする絶済的な面と、 水、空気、二酸化炭素などに関わる公益的な面とを合わせもっています。

私達は、自然環境を壊すことなく、森林からの恵みの木材や材木等を少しずつ収穫 する方法として「非皆伐方式」で山林経営を行ってきました。 この方式で作られた森林(人工林)は、上層に大きな杉、桧があり、 中層にはカシ、シイ等の広葉樹が点在し、下層には草花がいっぱいある、美しく健全な森になります。

日本の森林が美しくあればと願い、「非皆伐方式」の研究と啓発をはかっていきます。 また、素晴らしい熊野の天然林にふれていただく為に「自然公園」を設置して、 多くの方々に来ていただきたく願っています。

 

ページの先頭に戻る